国際Tree of Savior(英語版)は3月22日にサーバーオープン、最初の3ヶ月は有料スタート

Tree of Savior国際公式ページが更新され、
今後の日程が発表されました。

画像や公式ページを見て頂いたほうが早いと思いますので
説明は少々省きます。

7b03907d0ccae51cfb7a295e676b1649

公式ページ内のニュースはこちら

 

アクセス数を考慮してか、プレイするタイミングが早いほどお金がかかります。

  • 3月からプレイするには50ドル
  • 4月からプレイするには30ドル
  • 5月からプレイするには20ドル
  • 6月からは無料プレイに

 

日本ではこういうやり方は賛否両論で荒れそうなイメージがありますが、
割りとありなのかなという気がします。
(有料になる分、バグや翻訳ミスが多いとあれですけど;;)

一番気になっていた日本からのアクセスは・・・
やはり制限がかかりアクセス出来ない模様です。

制限がかかるのは、韓国/日本/台湾/インドネシア/中国
まだパブリッシャーの発表がない台湾はすぐに発表されるようです。

 

OBTをすっとばしていきなり有料スタートになるようで
かなり心配な部分はあるものの、それだけ期待が高いゲームなのだと実感します。

最初は有料テスターみたいな感じになるとは思います。
それはそれでまた楽しいような気もします。

まあ、日本からのアクセスはできませんけど!

 

日本公式ツイッターの方でも動きがあるとのことでしたので、
そちらの発表を待ちましょう!

  • Pocket

コメントを残す




※最近コメントスパムが増えたため少しスパム判定を厳しくしました。
あまりに適当な名前・メールアドレスはスパム扱いになる可能性があります。
大変ご迷惑をおかけいたしますm(__)m

関連記事

国際Tree of Saviorの有料期間についてユーザー投票を実施
国際Tree of Saviorのサービス開始が3月29日に、無料サービス開始は4月28日~

Menu

HOME

 TOP