アルケミスト(錬金術士)紹介:Tree of Savior開発者ブログより

先週、Nexonの方のブログで掲載されたアルケミストについて
13日にTree of Savior開発者ブログ側に掲載されました。

こちらの方を元に日本語訳で紹介したいと思います。

アルケミスト(錬金術士)紹介

20150314tos1
ToS開発チームのキム・セヨンです。
今日は「アルケミスト(錬金術士)」をご紹介します。
アルケミストはウィザード系6ランクのクラスで、CBT2からの登場となります。

20150314tos2
アルケミストの主なスキルはゲーム内のアイテムに関連しています。地面に落としたアイテムを爆発させることによって敵を攻撃することもできますが、メインはアイテムの作成・強化を行います。

Gem Roasting(宝石精製)

ダンジョンで獲得することが出来るジェム(宝石)はアイテムのソケットに装着した時、複数のパラメータに変化を与えます。向上するパラメータがある一方で、低下するパラメータも存在します。「Gem Roasting(宝石精製)」によってそのペナルティの影響を緩和することができるようになります。

20150314tos3
▲ Gem Roasting時の画像。宝石を武器ソケットに装着した場合、攻撃力が27増加する代わりに命中が10下がる。Gem Roastingによってこの命中の低下を3に抑えることが出来ます。

20150314tos4
▲ プレイヤーは、アルケミストの「Gem Roasting Shop」を利用して自分のジェムを強化できます。

Briquetting(アイテム強化)

アルケミストは「Briquetting」での元となる武器(マスターアイテム)と別武器2つを組み合わせて、強化することも出来ます。

「Briquetting」によって作成される武器は、良いものになったり悪くなってしまう場合もありますが、結果に関係なくアイテムは消費されて、作成されたマスターアイテムのポテンシャルが1減少します。

20150314tos5
▲ サーベルを溶かしてシミターを強化する時の画像。最大攻撃力が62から、66まで下がったり77まで上がる可能性があります。

Tincturing(ポーション作成)

また、アルケミストはハーブアイテムから液汁を抽出して、ポーションアイテムを作成することが出来ます。

20150314tos6
▲ラズベリーをすりつぶして、煮て、濾過します。すると移動速度増加ポーションが出来上がります。

このようなCBT1時に存在していた、移動速度増加ポーション、クールダウン時間減少ポーションなどのいくつかのアイテムは、アルケミストだけが製作できるアイテムですが、アルケミストが実装されていないCBT1の円滑なテストのために一時的に商店で販売していました。

製作できるポーションの種類は「Tincturing」スキルレベルに応じで増えて、性能も向上します。

アイテムオプション発見

またアルケミストは、アイテムに隠されたオプションを見つけることが出来ます。

20150314tos7
▲アルケミストは、二次元ダンジョンへのポータルを作成する媒体としてアイテムを使用することができます。そのミッションをクリアした後、アイテムの隠されたオプションが有効になります。このミッションに参加できるプレイヤーの数は、スキルレベルが増加するにつれて増えるので、多くのプレイヤー参加することで簡単にクリアすることができます。

20150314tos8
▲覚醒オプション付きのグラディウス。オプションは力+10です。

Magnum Opus(アイテム製作)

Tree of Saviorでは、店で購入したりモンスターから獲得したりできない、錬金術でのみ作成できるアイテムが存在します。
アルケミストは「Magnum Opus」というスキルを使ってそのようなアイテムを製作することができます。

20150314tos9

クラフトプレートの上に材料を配置してからこのスキルを使用することが出来ます。このスキルの結果として作成されるアイテムは、材料の位置や種類に応じて異なります。

スキルレベルが上がるほどプレートのサイズが広がり、一度に複数のアイテムを作り出すことができます。

20150314tos10
所要時間は数秒から数時間までかかることがあります。

アルケミストのアイテム製作と強化の映像

私たちは現在、CBT2の詳細スケジュールのためにネクソンと協議中です。
できるだけ早くお知らせしたいと思っています。

Tree of Saviorに関心を持って頂き感謝しています。
ありがとうございます。

  • Pocket

コメント

  • やっぱり物凄く楽しそうだなぁ・・・
    ところで最近もしかしたら序盤低ランク職は基本戦闘能力、中盤中ランク職は製造等サブ職的な能力、終盤高ランク職は最終的なキャラの方向性を決定付ける感じなのではないかと思い始めたり。
    クラス公開が進んできたことと、クラスランクがはっきりしてきたことから何となく。

    by たぶち    2015年3月14日 6:16 PM

    • コメントありがとうございますー
      確かに言われてみれば、、そんなランク付けになっているのかもしれませんね。
      そしてどんどんと次の職になってしまうので、転生的な何かでまた昔の職に戻れるとかありそうだなって気がします。

      by ryuto    2015年3月15日 12:50 PM

  • 宝石焙煎の語感が微妙だったので調べてみたのですが、
    こちらは焙煎というよりは硫黄などに用いる焼取精錬を指すのではないでしょうか

    日本語にすると宝石精製。うん、しっくりきます。

    ローストもおいしそうでいいんですけどねぇw

    by 通りすがり    2015年3月15日 12:57 PM

    • コメントありがとうございます。
      確かに焙煎ってなんかコーヒーみたいでかっこよさそうだったので直訳使ってましたが、おかしいですね;;
      精製の方が意味的にもしっくりきそうです。直しときます!

      by ryuto    2015年3月15日 4:41 PM

コメントを残す




※最近コメントスパムが増えたため少しスパム判定を厳しくしました。
あまりに適当な名前・メールアドレスはスパム扱いになる可能性があります。
大変ご迷惑をおかけいたしますm(__)m

関連記事

ToS開発者ブログの質問回答
ToS開発者ブログの質問回答#13
Tree of Savior正式サービス(韓国)は2015年後半以降の予定に
Tree of Savior CBT2のゲーム内ミュージックが11曲追加
G-Star2014のポスターより新しい13クラスの写真

Menu

HOME

 TOP