クレリック系ランク8クラスの紹介

韓国・国際ページで公開されている
クレリック系ランク8クラスの紹介ページの翻訳を公開したいと思います。
少しこちらでアレンジしている部分もありますのでご了承下さい。

 

 

ドルイド(サークル3)

自然を武器とするドルイドの最終サークル3では、次のような変更があります。


「テレパシー」スキルに群衆制御機能が追加されて、一度に多数のモンスターを制御することができるようになります。
(この特性はPVP中に使用することはできませんのでご注意ください)


新たに追加された「ヘンジストーン」は、範囲内に設置する聖職者のすべての魔方陣と設置物のスキルレベルを1増加させます。
また、ドルイドのすべての変身状態の能力値が上昇します。


ドルイドは「ライカンスロピー」スキルを使って、ウェアウルフに変身することができるようになります。
ドルイドが変身したウェアウルフはジャンプ・ダッシュも可能で、既存のボスモンスターのウェアウルフが持っていないスピーディーなスキルも新たに追加されます。

 

オラクル(サークル3)

運命に介入する神官クラス、オラクルの最終サークル3です。


サークル3のオラクルは、「スイッチジェンダー」スキルを使用して、他のプレイヤーの性別を変更することができます。
このスキルは、村で性別変更を希望する他のプレイヤーを待つことができるようショップの形で使用できます。


新しいスキル「フォアテル」は、魔法陣の上でランダムに選ばれたプレイヤーが無敵判定を受けることができます。
この魔法陣は一定の方向に移動するので、魔方陣の上のプレイヤーもこのように移動すると効果を維持することができます。


「ツイストオブフェイト」スキルは一度に敵の最大体力の40%減少させますが、30秒間でその倍の体力を回復します。
味方を助けるつもりが阻害になる可能性もあるため、戦略的に使用する必要があります。
このスキルはフィールドボスモンスターを除いた全てのボスモンスターに適用されますが、ボスモンスターキルの貢献度にはカウントされません。

 

プレイグドクター(サークル2)

状態異常を得意とするサークル2プレイグドクターの特徴は次のとおりです。


「インシネレイション」スキルで焼却によって倒したモンスターのデバフを周囲の敵に拡散させる、新たな感染属性を持ちます。


新しい「ディスエンチャント」スキルは敵の持っているバフをすべて無効にします。


PvPの時にアイテムの能力のいくつかを一時的に無力化させる特性を追加することができ、対人戦での役割もさらに強くなります。


強力な持続ダメージを与える「プレイグベイパー」は、インシネレイションスキルと連携してボーナス判定を受けるため、多数の敵を相手にした戦闘に有用です。

 

カバリスト(サークル2)

カバラの魔法を使用する聖職者、カバリストはサークル2で防御スキルが強化されます。


「メルカバ」スキルは、周囲の味方に防御力と神属性の追加ダメージを与える「神の加護」特性が追加されます。
また、敵の移動速度を遅くしてくれる特性が一緒に追加され、チームプレイでタンクのような役割を果たします。


敵の名前を数字で置換する「ゲマトリア」と「ノタリコン」スキルの数演算速度を速くする特性も追加されます。
新たに追加された「マルチプルヒットチャンス」は、次の攻撃を頭の上に浮かんだ数字分の連続攻撃にするため、高い数値を浮かべた敵に爆発的な戦闘力を発揮するようになります。


「デュプリケイト」スキルで生成された数字だけランダムにモンスターをコピーすることができます。
ただしコピーされたモンスターは再コピーできず、このモンスターはシルバーとアイテムは落とすものの経験値はありません。

 

インクイジター(サークル1)

ランク8に初登場するインクイジターは、魔法を使う相手に特に強力なクラスです。


近接物理攻撃である「ゴッドスマッシュ」は、鈍器を使用する場合に敵の魔法攻撃力に比例してボーナスを受けます。


「インクイジション」は、一時的に自分の魔法攻撃力に応じて追加ダメージを与える状態にして、 同時にINTとSPRステータスを半減させるレベル3のデバフを付与します。


地面に配置する「ペアオブアングイッシュ」は、踏んだ敵へのダメージは少ないですが、範囲魔法スキルを使用しようとする敵を発見した場合に飛んで行って、踏んだ時の3倍のダメージを与えます。


「ブレイキングホイール」は、回転しながら周囲の敵を攻撃する車輪の召還物です。
この車輪が回っている間に近接物理攻撃すると、その攻撃が範囲内の敵に拡散するため、ソードマン系クラスとの相性が良いです

 

タオイスト(サークル1)

ランク8で登場するタオイストは、呪符を使うユニークな戦闘スタイル持っています。


呪符はフィールド上に直接配置することができ 、配置された呪符は敵や仲間が近づくと、固有の効果を発揮します。


遠くから「ビゴンデーモンズ」スキルを利用して爆破させたり、すぐに発動させることも可能です。


「シャドウウォーク」スキルは、呪符の近くにいるすべての味方を見えない状態にします。


「コーリングストーム」は呪符がある場所に雷雨を落とします。
これは「ザイバス」スキルのような雷属性スキルのダメージを増幅することもできます。

「トライディザスターチャーム」は、近くにいる仲間の炎・氷・電系の抵抗を同時に大幅に上昇させます。


▲クリーピングデスチャーム。3つの呪符が重なっています

「クリーピングデスチャーム」は、投げた直後から非常にゆっくりゆっくりと移動する呪符で、呪符上の敵にダメージを与えます。
継続的にダメージを与えてかなり強力ですが移動速度が遅いため、止まっているか移動が遅い敵に主に使用されます。
様々な方法で使用することができるため、プレイヤーがそれをどうやって利用するかを楽しみにしています。

 

参照ページ : Tree of Savior国際公式 Introducing Rank 8 – Cleric

  • Pocket

コメントを残す




※最近コメントスパムが増えたため少しスパム判定を厳しくしました。
あまりに適当な名前・メールアドレスはスパム扱いになる可能性があります。
大変ご迷惑をおかけいたしますm(__)m

関連記事

ToS開発者ブログの質問回答#4
前回記事へのプロデューサーさんからのコメントと新職業立ち絵紹介
アーチャー系ランク8クラスの紹介
Tree of Savior開発状況について
Tree of Savior SEA(東南アジア)パブリッシャーが「PLAY ONE ASIA」に。2016年3月よりサービス(正式orテスト)開始予定。

Menu

HOME

 TOP