開発者に聞く – アートディレクター マギー氏

Tree of Savior開発者チームのブログの記事

「開発者に聞く - アートディレクターマギー氏」

について、日本語でまとめてみました。

 

この質問と回答は、

質問を CMレジュルリ さん

回答を アートディレクターマギー さん

でお送りしています。

 

今回はアートディレクターの方のインタビューです。

とてもお綺麗な方のようで、若い女性の方も開発に関わっているんですね。

 

SONY DSC

▲マギーさんは、「グラナド·エスパダ」からIMC GAMESのデザイナーを担当しているようです。

 

0623maggi2

▲マギーさんが描いたグラナド・エスパダのポスター

 

Q)TOSはなぜクォータービュー形式のゲームなのですか?

A)最初TOS製作のためのチームがセッティングされた当時は、最先端のレンダリング技術と細密な描写に焦点を当てたゲームが本当に多かったです。

スクリーンショットを見ただけでは、お互いにどんなゲームなのか区別するのが難しいほどのリアリティが強調されていて、実際ゲームはみんな似ていると感じました。

新しいプロジェクトでは、キャラクターの背中が見えるビューよりも少し移入しやすい3人称視点が良く、タイミングが必要なゲームプレイにもクォータービューが適していると思いました。このため、カメラの回転もわざわざできなくしています。
キャラクターの周りの状況を眺望するのにも適していると判断して、最終的にクォータービューのスタイルを選択しました。

0623maggi3

▲プレイヤーの視認性を考慮したクォータービュー方式

 

Q)単に古典的なゲームの郷愁を刺激するためのものではなかったですね?

A)そうではありません。クラシックなデザインは、単なる方法ではなく私達の目標です。
プレイヤーが画面上の自分のキャラクターにより移入できたらと思えば思うほど、キャラクターの表現はますますシンプルになっていきました。
初期バージョンのキャラクターは、瞳と眉、口まで細かく表現されていましたが、修正を続けて目そのものを強調することになりました。

SONY DSC

 

Q)TOSと他のゲームとの特別な違いはありますか?

A)TOSは動く童話、飛び出す絵本のような感じを与えるために、ほとんどのテクスチャは、デザイナーが手作業で描いています。
最新の3Dレンダリング技術への依存度を減らし、できる限り入念に作っているので多少時間がかかりますね。
TOSプロジェクトを開始してから近年描いた絵が、それ以前に描いた絵をすべて合わせたよりもはるかに多いほどの圧倒的な作業量です。

 

Q)ゲーム背景のデザインで追求した目標のようなものはありますか?

0623maggi5

A)TOSを巨大なオンラインジオラマのように表現したかったです。可愛らしくデザインされた建物、小物などが入念に配置され、それらに触れてみたり上に乗ったりすることができるようにです。
童話的な感じを与えるためのキャラクターと同じように形状を強調したので、個人的にはフィールドを歩いているだけでも楽しいです。

 

Q)ちょっと重く暗く見えるという意見もありますが。

A)悩み多い部分ですね。ゲームの世界観がある程度ディストピア的な要素が含まれているため、楽しく明るくすぎるようにはできなかった分、代わりにプレイヤーがこの世界に没頭できることが重要だと思いました。
ゲーム内の細部や表現だけキュートでラブリーであってはなりません。そのままの世界を描いて、可能な限り厳密に現実を描くことが重要でした。草がある場合は、それが風に揺れるべきなのです。

0623maggi6

だから、取材を通じて集められたデータを解釈してTOSスタイルにリデザインすると、やや重く感じられたことがあります。

 

Q)データは、どのような方法で収集したのですか?

A)背景や衣装デザインなどのデータを集めるためにスタッフがいろいろな所を回りました。リトアニアとか、トルコ、ネパール、フランス、中国等、今後もさらに行くところが多いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

0623maggi9

0623maggi10

▲ネパールのバクタプルで収集した資料をコンセプトにデザインした都市

 

Q)このゲームは北欧神話をコンセプトにしているですか?

A)リトアニア神話がモチーフです。バルト神話の神々に関連するクラスも登場します。ゲームの中心となる「木」のモチーフも同様です。いくつかのコンセプトを用いただけで、完全にリトアニアの神話を素材にしているわけではありません。

 

Q)待ちわびているユーザーの方々に一言ください

A)私たちのチームは熱心に楽しく作業しています。ユーザーの方々もお楽しみにいただければありがたいです。

0623maggi11

▲TOS初期ウィザードのデザイン。後でNPCとして登場するかも…

 

以上でインタビューを終わります。
ADマギー氏は、TOSのキャラクターデザイン、コスチューム、イラストレーション、NPCの画像、背景のデザインなどを担当しておられます。
ペンを握っている時間が起きている時間のほとんどを占めるほど作業に集中しているマギーさんに応援のメッセージを送ってください。

 

引用元:http://blog.treeofsavior.com/?p=268

  • Pocket

コメントを残す




※最近コメントスパムが増えたため少しスパム判定を厳しくしました。
あまりに適当な名前・メールアドレスはスパム扱いになる可能性があります。
大変ご迷惑をおかけいたしますm(__)m

関連記事

ソードマン系ランク8クラスの紹介
AndroidでTree of Saviorの装備リストが見れるアプリ「Equipment List Tree of Savior」紹介
Tree of Saviorサイト(韓国)オープンとCBT日程発表
修正:4Gamerさんのキム・ハッキュ氏、キム・セヨン氏のインタビュー記事
Tree of Savior韓国2次CBT日程近々発表、国際版はその後に。

Menu

HOME

 TOP