Tree of Savior韓国1次CBT後の質問の回答(公式ブログより)

久々に公式ブログの更新がありました。
そこでは次のCBTの時期についても最後に語られており、
春頃に2次CBTが行われる予定とのことでした。

今回はディレクターのキム・セヨンさんが回答をしています。
では、日本語翻訳をどうぞ。

最初に

私はTOS開発チームのキム・セヨンです。
まずはじめに、最初のCBT(CBT1)に参加し、CBT期間中に私たちに大きな関心を示していた方すべてに「ありがとう」と言いたい。我々は現在、ゲーム内に存在する問題点を検証し、また、当社の将来の発展方向についていくつかのアイデアを得ることができました。

CBT1の終了後に最も多く寄せられる質問のいくつかに答えます。

韓国外のToSのファンはCBTに参加することができなかったので、質問のいくつかは今の段階ではよくわからないところもあるかもしれませんが、そこは軽く流して読んで下さい。

Q&A


Q:
今のところはキーボード操作のみですが、他のマウス操作等ができるようにする計画はありますか?

A:実際にそれが私たちの開発チーム内部で最も議論された話題で、一つとして各クラス毎にコントロール方法を異なるようにする提案がありました。

例えば、ウィザードやアーチャーで遊んでいるとき、マウスを使ってキャラクターを移動し、ターゲットをWASD +マウスで指定することです。

私たちはいくつかのバージョンを試してみましたが、キャラクターの向いている方向がゲームで非常に重要であるため、それらのどれもTOSに適していませんでした。したがって、私たちはすべてのクラスをキーボードで操作すると結論付けました。私たちは、マウスでの操作を追加する計画はありません。

しかし次のCBT(CBT2)では、ゲームパッドでの操作ができるように全力を尽くします。

Q:スタミナシステムは何のためにあるのですか?

A:ゲームの初期段階ではキャラクターの移動速度を制限するために使用されますが、キャラクターのランクが増加するとキャラクターのクラス属性に応じてキャラクターのスキルに影響を与えることができます。

例えば、移動しつつ使用するRodeleroが使用するシールドチャージと呼ばれるスキルがあります。このようなスキルは、スタミナの量によって影響を受けます。

スタミナは後にコンパニオンを操作するときにも消費されますので、スタミナは管理すべき新たなパラメーターの一つになるでしょう。

20150130_rodel_shieldcharge
▲Rodeleroの「シールドチャージ」はスタミナを消費します。

Q:槍を使うクラスが二刀流を使うクラスに変わった時、以前のスキルが使えなくて強くなった気がしません。同じことがウィザード系にも言えます。将来的にどうなるのですか?

A:武器のタイプに応じてスキルが異なる理由は、各武器の独自性を出すためです。PVPの状況下では、あなたは相手が使用するスキルの種類を推測することができます。一部の方々はこのことについて不快に感じるので、簡単に武器を変更することができるスワップ機能を追加します。

20150130_equip_swap_proto-500x353
▲このような形になる予定です。

Q:キャラクターボイスの追加予定はありますか?

A:CBT1では現在使用可能なボイスを使いました。CBT1のフィードバックに基づいて再び録音を行う予定です。

Q:ボスモンスターを倒すのが簡単だったのはなぜですか?

A:二つの問題がありました。1つ目はゲーム難易度の調整ミスです。私たちはより多くのユーザーがゲームに慣れてくれるよう、ゲームの序盤のボスの難易度を簡単にして徐々に強くしていくつもりでした。しかし、テスターの多く方は当初予想していたよりゲームに慣れるのが早かったのです。

2つ目の問題は、CBT1中は多くのボスモンスターの行動パターンが設計通りに機能していなかったということでした。私たちは、それらの動作不良のための根本的な原因を発見し、CBT2ではボスが違う動きになるように修正しました。また、CBT1時にボスモンスターは事前に攻撃する場所を知らせるが、ゲームを進めていくにつれてOracle(未来を予見するクラス)だけがモンスターが攻撃する場所を確認することができるようになります。

Q:多くのクラスが公開されていますが、まだ公開されていないクラスはありますか?

A:はい、公開しても良いクラスがいくつかあります。例えば

20150130_plaguedoctor_f

▲ペスト医師(Plague Doctor)

20150130_plaguedoctor_sketch-500x500

▲ プロトスケッチ(by ADマギー)

ToSにはマスクを身に着けていることによって、スタンスを変更することができるクラスがあります。ペスト医師はそれらの一つです。

ペスト医師は味方や敵の状態異常に関わったり、汚染された地域を浄化するスキルを使用することができます。

Q:CBT1でのプレイヤーの最大レベルはいくつでしたか?ゲーム内のMAPは多いように見えました。

A:レベルに制限はありませんでした。しかしながら、4ランクまでのクエストや他のコンテンツは含まれていました。CBT1のMAPの広さは、OBTバージョンの5分の1程度でした。

Q:クライアントを見るとBGMがmp3ファイルであるのが確認できました。それらをコピーして友人に渡すことはできますか?

A:あなたとあなたの友人が商業目的のために利用しない限り、友人にそれらを与えることができます。しかし、BGMのいくつかはまだバランスとマスタリング調整する必要があります。また、そのうちのいくつかは完全に私たちの著作物になっていません。CBT2用のクライアントを持っているときにBGMを使用するほうが良いでしょう。

Q:ボス戦のときゲーム音楽で「O Deive」というBGMがありました。この音楽の言語と歌詞の意味は何ですか?

A:TOSのチーフサウンドディレクターであるSevinが音楽を構成し、開発チームのJung Hyun Jin が歌詞を書いています。私たちにリトアニア語のアドバイスをくれたMartinasが、歌詞を翻訳しています。Soprano Ji Young Kimと2人のリトアニア人である、ChristinaとArnoldasがボーカル担当でした。今後TOSのためのOSTCDを作る機会があれば、それの中に歌詞の載ったミュージックスコアを入れようと思います。

20150130_recording_o_deive-500x281
▲スタジオでの録音風景

Q:パーティーに名前を付けることが出来ますか?またそれを簡単に検索することは可能ですか?

A:最初のうちはそれぞれのパーティに名前をつけれる予定だったが、ギルドの名前を持っている方が良いと結論が出たため、いずれその機能は外されます。その代わりに、パーティ検索を簡単にできるように、パーティに説明文を追加できるようにすることを計画しています。

20150130_party_search-362x500
▲このような形になると思います。

Q:将来的にパーティークエストやボスモンスターの襲撃を追加する予定はありますか?

A:テスターがCBT1中に 「パーティーイベント」でお互いどうやってプレイしているのかを密に観察し、CBT2中にこの機能を強化することを計画しています。ボス狩りに加えて、様々なミッションやクエストを追加する予定です。

20150130_party_event-500x356
▲CBT1中唯一のパーティイベントであったボス狩りミッション

Q:多種多様なコンパニオンがいることを願っています。

A:今のところ、クライペダで購入可能であるコンパニオン2匹のみです。将来的に、それぞれの村ごとに異なった多くの仲間を追加します。

Q:キャラクターの目の色や髪の色を変更するオプションを付けて下さい。

A:すでにキャラクターの目の色や髪の色を変更する機能はあります。しかしキャラクター選択が可能な代わりに、プレイヤーの皆さんはゲーム内でそれを獲得していって欲しいです。

最初から多様なカスタマイズオプションを可能にするのは、長い期間のプレイしていくと、自分のキャラクターがユニークで他の人のキャラクターとは異なると認識して、より自分のキャラクターに愛情を持てると信じています。私たちはこのためにご理解を願っています。

20150130_hair_eye_color-500x350


Q:
次のCBTスケジュールがあるなら教えて欲しいです。

A:すでに次CBTの準備を開始しており、おそらく次のCBTでは6ランクまでクラスが開放されます。詳細なスケジュールは決まっていないですが、私は春頃になると思います。

ボーナス画像

20150130_goddess_of_fire_gabija-449x500
▲火の女神 Gabiya(by ADマギー)。

CBT1で魔法クラスの最高ランクに達した方は、おそらく彼女を見ているでしょう。

 

参照元:
http://blog.treeofsavior.com/en/

  • Pocket

コメント

  • 翻訳ありがとうございます!!!
    次のCBTが楽しみですね!日本も含まれてればいいんだけどな~

    by シルバーどれいく    2015年1月30日 8:56 PM

    • コメントありがとうございますー
      国際が来て欲しいのですが、特に追記がないということはまだ韓国内CBTのかもですねー
      夏前までにはなんとかプレイしたいところです。

      by ryuto    2015年1月30日 9:19 PM

  • 次こそ日本でも遊べるのか!っと期待していた分すこし残念ですが・・・。
    ほんとは春までにきてほしいと思っていたのですが、、夏前でいいからぜひ日本に来てください!!

    by 不知火    2015年1月30日 10:07 PM

    • 今回の公式ブログは「英語」での更新だったので
      国際版に期待ですね!!

      by ryuto    2015年1月31日 11:46 AM

コメントを残す




※最近コメントスパムが増えたため少しスパム判定を厳しくしました。
あまりに適当な名前・メールアドレスはスパム扱いになる可能性があります。
大変ご迷惑をおかけいたしますm(__)m

関連記事

開発者に聞く – アートディレクター マギー氏
Tree of Savior英語Ver(国際版)のページのGuideが更新されました
前回記事へのプロデューサーさんからのコメントと新職業立ち絵紹介
Tree of Savior韓国CBT2のテスター募集と実施日程について
CBTで確認できた基本情報

Menu

HOME

 TOP