ToS開発者ブログの質問回答#10

Tree of Savior開発者ブログ

質問回答10回目になります。

 

今回はアイテム製作について詳しく説明されています。

ベータテストではどこまで出来るのか気になるところですね。

 

いつものTree of Savior開発者チームのキムさんが回答です。

 

 

Q)リラックスモードでは高速で体力が回復するような利点がありますか?そして、スクリーンショットに出てきたキャンプファイヤーはリラックスモードに入ると自動的に生じるのですか?

A)リラックスモードでは、体力の回復が早くなります。その他のリラックスモードでのみ行うことができる、消耗品の製作等、様々な作業が存在します。
キャンプファイヤーはリラックスモード中とは別でより高速な体力の回復が可能となり、焚き火を焚いたキャラクター以外の人も近くにいる場合は同じ恩恵を得ることができます。

0725tos10-1

▲フィールドの任意の場所に設置されたキャンプファイヤーは誰でも利用することができます。すぐに消えますが…

 

Q)それぞれの文化圏を代表するクラスがありますか?

A)いくつかのクラスは、特定の文化の歴史的遺産をコンセプトとして借用していますが、実際の文明を代表したり、ローカライズのためのものはありません。

 

Q)モバイルとの連動はありますか?

A)まだその計画予定はありません。

 

Q)センチュリオンの紹介を見ました。とても興味深いですが、オート操作やBOTなど悪用されそうで心配になります。対策はありますか?

A)フォーメーションスキルは、ゲームを妨害するほど長く維持されることはありません。必要と判断されるときに使用し、目的を達成したら解散するような仕組みです。開発チームではあまり心配していません。

 

Q)クロノマンサーが二人いる場合はアイテムを増殖させることができないでしょうか?

A)一度時間を元に戻した場所ではスペースが歪曲されて、一定時間戻すことはできなくなります。

 

Q)アーチャー系のナイトクラスも存在しますか?

A)数種存在しますが、代表的には、ハッカペル(hackapell)のようなクラスがあります。

0725tos10-2

▲ハッカペルクラス

 

Q)以前の投稿に使用されたBGMは、Symphonixというミュージシャンの曲でしょうか?

A)そうです。開発チームの何人かのスタッフがドイツのエレクトロニック·ミュージシャンSymphonixの音楽を非常に好きで、音楽がTOSのいろんなシーンによく合いそうだと思い彼らと契約しました。TOS内でアルバムのいくつかをBGMで聞くことができます。

 

Q)ブラジルコミュニティは、最近本当に弓の話ばかりです。弓手について詳しく説明してもらえますか?

A)弓手は強力で刺激的なクラスです。次の機会に詳しく紹介させていただきます。

 

Q)日本のコミュニティでは、キャラクターボイスについての意見が多いです。ボイスもローカライズなのですか?

A)現在のバージョンは開発中のプロトタイプです。テスト用なので、スタジオの録音ブースでデザイナーなどの開発者が一時的に録音した声も含まれています。もちろん、正式サービス時には作業をやり直します。ローカライズが必要な場合は、画面内のテキストと同様にいくつかの言語固有のボイスパックを選択できるようにすることもできるでしょう。
かつて「グラナドエスパダ」の日本サービス時は、全てのボイスを日本現地で再収録しました。

 

Q)女性キャラクターたちが皆美しいです。男性キャラクターのアートワークも見せてくれますか?

A)男性NPCのアートワーク一枚お送りします。

0725tos10-3

▲センチュリオンマスター

 

 

次は、いくつも質問していただいたアイテムに関連する情報です。

 

0725tos10-4

▲アイテムのデータ

一般的なアイテムのデータは、上記のとおりです。上部の★はアイテムの等級を表します。★が多いほど良いアイテムという意味です。どんなアイテムにもオプションが付いていますが、上記のスプラッシュは同時に複数の敵を攻撃することができる性能を、クリティカル発生はクリティカル攻撃が成功する確率を増加させてくれます。アイテムを装備するにはレベルやクラスの制限がある場合があります。

ポテンシャルはアイテムをより強く変えることができる空き容量を意味していて、アイテムをアップグレードするたびに1ずつ減少します。

 

0725tos10-5

[左から一般 – マジック – レア – ユニークグレード]

アイテムのレア度は4段階に区分されるが、これはアイテムイラストの背景色で区別することができます。
希少度が高いほどポテンシャルとオプションが追加されることがあります。

アイテムごとに重量があり、所持できる最大重量を越えるようになると移動速度の減少とアイテムを追加取得不可能のペナルティがあります。所持できる重量はステータスの成長によって増加します。

 

0725tos10-6

もしセットで構成されたアイテムを一緒に装備する場合は、追加のオプション効果が有効になります。セットの効果はアイテムのデータ画面で確認することができます。

 

0725tos10-7

アイテムの製作にはそのためのアイテムが必要です。作成方法は、冒険日誌に登録されている材料を所持している場合はいつでもリラックスモードで作成することができます。アイテムを製作する時、自分の好みに合わせて名前を変更したりデータ画面で説明を追加することもできます。

 

0725tos10-8

0725tos10-9

▲このようにアイテム製作時にテキストを追加する場合は、このアイテムを他の人に渡してもテキストはそのまま公開されます。

 

アイテムのアップグレードには、次の3つの方法があります。

 

0725tos10-100725tos10-11

1:アイテムの基本性能は強化を通じて向上させることができます。アンビルの上にアイテムを置いて直接叩きます。強化されたアイテムは、その回数に応じて名前の前に+1、+2··などの表示が付きます。

 

0725tos10-12

2:宝石を装着してアイテムにオプションを追加で付与することができます。宝石はラウンド-長方形-ダイヤ型-星型の4種があり、それぞれその形状と合ったスロットにのみ入れることができます。
最初からスロットがあるアイテムもあるが、必要であれば村の鍛冶屋に訪ねて行って、追加でスロットを掘ってもらうこともできます。もちろん、この作業でもアイテムのポテンシャルが1減少します。

 

 

0725tos10-13

▲他人の武器のスロットを掘ることで暮らす鍛冶屋NPC

 

0725tos10-14

3:マジックアミュレットを付けてアイテムに属性を付与することができます。例えば、[クリティカル+オーバーキル同時成功時3%確率で10秒間攻撃速度最大増加]のオプションなどがあります。

 

0725tos10-15

▲マジックアミュレットは、アイテムの見た目にも影響を与えます。赤い骸骨三つをつけた盾はこんな感じです。

 

 

今週のクラスについての情報はお休みします。気になる点ございましたら、Facebookや開発者のブログ、あるいは目に見えない形で聞きたい場合はtos@imc.co.krにメール送信いただいても開発チームではよく読んで見ていますので、遠慮なくお問い合わせ下さい。ありがとうございます。

 

今週のボーナス画像

0725tos10-16

▲「アーチャー」クラスの初期バージョンのデザイン(by ADマギー)

 

 

引用元:http://blog.treeofsavior.com/?p=504

  • Pocket

コメントを残す




※最近コメントスパムが増えたため少しスパム判定を厳しくしました。
あまりに適当な名前・メールアドレスはスパム扱いになる可能性があります。
大変ご迷惑をおかけいたしますm(__)m

関連記事

5月30~31日にFGI(フォーカス・グループ・インタビュー)が行われました
ToS開発者ブログの質問回答#13
韓国CBT3が12月3日に大幅アップデート!!クラス7の職業が実装、新マップも登場
ToS開発者ブログの質問回答#2
Tree of Savior SEA(東南アジア)パブリッシャーが「PLAY ONE ASIA」に。2016年3月よりサービス(正式orテスト)開始予定。

Menu

HOME

 TOP