前回記事へのプロデューサーさんからのコメントと新職業立ち絵紹介

前回の記事
韓国CBT3の大幅アップデートについてお伝えしました。

その記事を見て下さったToSプロデューサー兼ディレクターのキム・セヨンさんからtwitterでコメントを頂きました。
キム・セヨンさんありがとうございます!!

軽くながら、まだ発表されていないだろう今後の情報も頂いたので
ここで紹介したいと思います。

 

実際には、チャンネルの自動化システムで一度に数万人が同時接続しても(Steamサーバー)何とか安定的に稼働できることを確認したので、ユーザの急増対策として計画したわけではありません。

キャラクター作成時開始地点が一つ増えたことに対するコメントですね。
当記事では「混雑の解消が大きい」と書いてしまいましたが、
それは既にチャンネルを自動で増減させることで解決されているようです。

 

ゲーム後半、最高レベルの地域にのみアクセスが集中するとほとんどの序盤コンテンツは意味がなくなるので、最終的にジャンプイベントなどを介してユーザが最高レベルまで至る過程を省略させることが発生することになります。

この情報は余り見たことがないので初出?なのかなと思います。
確かにMMORPGの序中盤のMAPは大抵時間が経つと過疎化してしまうので
こういったことは大事なのだなと思いました。

 

このゲームは成長の過程自体も重視して欲しく、また複数のキャラクターをチームに入れて多様に活用するプレイを望んでいるので、条件があればスターティングポイントをより増やしたりfedimian以降、地域のルートも増やして見たいですね。

ここがTree of Saviorならではのポイントになるのかなと思います。
キャラクターの成長過程を楽しみ、そして複数のキャラクターをうまく活用してプレイしていくスタイル。
私自身、この過程がすごく楽しみで期待しています。
ROのβ初期を思い出してしまいますが、スターティングポイントは4箇所程あるといい気がします!

 

最後に新職業6クラスの立ち絵を。
tos20151204newclass

Kabbalist ・ Warlock ・ Featherfoot
PlagueDoctor ・ Musketeer ・ Dragoon
の順に並んでいます。

  • Pocket

コメントを残す




※最近コメントスパムが増えたため少しスパム判定を厳しくしました。
あまりに適当な名前・メールアドレスはスパム扱いになる可能性があります。
大変ご迷惑をおかけいたしますm(__)m

関連記事

速報:Tree of Saviorの2014 G-Starで公開された新映像がアップされました!
G-Star2014がいよいよ明日からです!
Tree of Savior開発チームインタビュー
Tree of Savior CBT2におけるアーチャー系クラスの情報(ごく一部)
Tree of Savior 韓国CBT2は1万人規模で5月頃実施予定?

Menu

HOME

 TOP