韓国CBT3が12月3日に大幅アップデート!!クラス7の職業が実装、新マップも登場

韓国CBT3において12月3日大幅なアップデートが行われました。
OBTに向けて一足早く実装という感じでしょうか。

以下に大きな変更部分をチョイスしてご紹介します。

 

  1. キャラクター作成時の開始地点としてオルシャまたはクライペダ地域を選択することが可能に
  2. キャラクターのレベルが280まで開放されて、クラス7の職業が追加
    • ソードマン系 :  Dragoon ・ Templar
    • ウィザード系 : Featherfoot ・ Warlock
    • クレリック系 : Plague Doctor ・ Kabbalist
    • アーチャー系 : Musketeer ・ Cannoneer
  3. ギルドシステムの実装
    • Templarがギルドを創設可能
    • 新しいコンパニオンの実装
    • ギルドマスターが他のギルドに戦争を宣言可能
    • ギルドイベントは次回のパッチで実装予定
  4. ワールドマップに地域別ランクシステムが追加
    • ランクが高い地域で経験値等のデスペナが増加

 

その他クラススキルの調整やフィールドボスの追加等がされたようです。

かなり大きなアップデートですね。
OBTがそろそろ始まるのでプレOBTパッチみたいなものかなと思います。

この中でも特に、キャラクター開始地点が2箇所になったのが大きい気がします。
混雑の解消という意味ではとても大きいのはもちろんのこと、
今までずっとテスト参加してきた方にとっては
新しい地域からのスタートは新鮮だと思います。

新しいクラスも気になりますが、ギルドシステムも気になりますね。
クラス7になってからでなくては作れないというのがハードルが高く、
ましてTemplarではないと作れないとなると、ギルドの数は乱立しなそう?です。

ギルドはコミュニティとして大事なものだと考えているので、
もうちょっとハードルを下げるか、他の交流要素を増やして欲しいところです。

 

まだ日本はCBT2中ですが、次回のCBTorOBTでは実装される内容だと思います。
期待して待ちましょう!

  • Pocket

コメントを残す




※最近コメントスパムが増えたため少しスパム判定を厳しくしました。
あまりに適当な名前・メールアドレスはスパム扱いになる可能性があります。
大変ご迷惑をおかけいたしますm(__)m

関連記事

韓国1次CBT動画まとめ(職別)
ToS開発者ブログの質問回答#3
開発者に聞く – アートディレクター マギー氏
Tree of Savior韓国1次CBT2日目動画
Tree of Saviorティーザーサイトオープン

Menu

HOME

 TOP