Tree of Saviorのクローズベータテストは12月中旬頃から?

invenのサイトで
Tree of Saviorのテストバージョンについての情報が公開されました。

これはあくまで検定通過的な話しで、具体的な期間の決定ではありません
大体はこの期間のどこかで実施されるのではないかと思われます。

 

まとめますと、

  • 2014年12月18日~2015年1月16日
    の間にテストを行う適合判定を受けた
  • imcGAMESとNEXONで詳細な時期を調整中
  • テスト募集人数は1000名?

といった情報です。

 

いよいよかなって思わせるものですが、
テスト人数が1000名となるとかなり倍率厳しそうですね・・

Tree of Savior Brasilのインタビューで
韓国NEXONのアカウントも必要という情報も出ていますので
国内の人がメインになるんでしょうか。
気になるところはまだまだ多いです。

 

実際にその適合判定結果画像?もありますので、
そちらも載せておきます。(Google翻訳を通しています)

20141125tosbe-ta

 

以下、inven記事の翻訳抜粋です。

 

IMCゲームズ(代表キム·ハクギュ)の新作「ツリー·オブ·セイヴァー」が12月中にテストバージョンをリリースすることができるという可能性が提起された。

ゲーム物等級委員会(以下ゲイムウィ)のホームページで確認できる「試験用ゲーム物の適用の結果」によると、 「ツリー·オブ·セイヴァー」は、去る11月19日(水)全ユーザー対象評価に試験用ゲーム物適合判定を受けた。また、この結果の詳細情報によると、評価期間が2014-12-18〜2015-01-16に表示されており、今年中にテストが行われることがないかという推測である。

これに対して、ネクソン側関係者は、この「試験用ゲーム物の申請が承認された日付は11月19日だが、実際の申請した時期は、IMCゲームズでネクソンとパブリッシング契約を締結する前に」と、「IMCゲームズ自主的に評価期間を持って申請したものであるだけに、実際のテストの日程は、現在の再調整中」と述べた。

つまり、ゲイムウィホームページに出てきた日は、現時点で、実際のスケジュールとは無関係で、「ツリー·オブ·セイヴァー」のテスト時期はまだ未定であるわけだ。ネクソン側は開発会社と調整してなる ​​ように迅速にテストを進行するという立場を明らかにした。

一方、「ツリー·オブ·セイヴァー」は「ラグナロク」の開発者として知られているキム·ハクギュ代表の新作MMORPGで、過去ネクソンのG-STARプレミアショーを介してネクソンとの共同事業戦略を発表している。開発会社であるIMCゲームズがゲーム開発と運営を担当、国内のサービスすべての権利およびビジネスマーケティングをネクソンが務める形だ。

 

参照元:
http://www.inven.co.kr/webzine/news/?news=122604

  • Pocket

コメント

  • 最近このゲームの存在を知り、はやくサービスが開始しないかwktkしています
    ネクソンなのはちと残念ですが…w

    by oso    2014年12月29日 9:15 PM

    • スケジュールが遅れてはいましたが、
      韓国でのβテストもはじまりますし、もう少しですね。
      期待して気長に待ちましょう!

      by りゅと    2014年12月30日 7:56 AM

  • ToSのインタビューや様々な動画を見て鳥肌が立ちました!もう見てるだけでニヤニヤが止まらないです!!日本版βテスト本当に楽しみです!

    by kira    2015年1月2日 2:42 PM

コメントを残す




※最近コメントスパムが増えたため少しスパム判定を厳しくしました。
あまりに適当な名前・メールアドレスはスパム扱いになる可能性があります。
大変ご迷惑をおかけいたしますm(__)m

関連記事

修正:4Gamerさんのキム・ハッキュ氏、キム・セヨン氏のインタビュー記事
中国ゲームサイトのインタビュー
GOS(GM Magazine)9月号の要約
スクワイア・センチュリオン特集
Tree of Saviorゲーム内BGMリスト

Menu

HOME

 TOP