「Project R1」がEX2011で発表

2011年5月13日

日韓NHN共同の発表会「EX2011」でIMC Gamesより

Project R1

が発表された。

 

0312projectR1

 

「IMC Games」はラグナロクオンラインの父である

キム・ハッキュ氏が独立して立ちあげた会社で

今回の作品はポストラグナロクとしての前評判が高い。

 

前作の「グラナド・エスパダ」がありながらなぜそう言われているのか。

キャラクターデザインは最初3Dモデルを起こされるのだが、

そのデザインからCGアニメーションを作って、2Dのドット絵に落とし込む

プロセスがとられているためである。

 

その手法の説明にキム・ハッキュ氏は

「九蒸九曝」(きゅうじょうきゅうばく)

という漢方薬の製造で用いられている用語を使っている。

 

  • Pocket

コメントを残す




※最近コメントスパムが増えたため少しスパム判定を厳しくしました。
あまりに適当な名前・メールアドレスはスパム扱いになる可能性があります。
大変ご迷惑をおかけいたしますm(__)m

関連記事

Tree of Saviorが正式タイトルとして発表

Menu

HOME

 TOP